経済調査会の調査・出版活動に関連する講習会をご案内しております。

講習会Plaza

  • メニュー
  • 地域で探す
  • 北海道
  • 東北
  • 関東
  • 中部
  • 北陸
  • 関西
  • 中国
  • 四国
  • 九州
  • 沖縄
  • ホームへ戻る

講習会の地域一覧

関東

講習会一覧

日時

午前: 2020年3月13日(金)10:00~12:30

地区

東京

会場

国際ファッションセンター KFCビル 3階

午後: 2020年3月13日(金)13:30~16:30

 今般、公共事業に携わる皆様にご参集いただき「会計検査の指摘事例」についての理解を深めていただくことを目的に当講習会を企画いたしました。
 午前の部の「公共調達と会計検査」では公共調達(物件・役務、情報・通信、補助事業等)について、また午後の部の「公共工事と会計検査」では工事関係全般について、「平成30 年度決算検査報告書」に基づき実際に講師が現地に足を運び、その目、耳で入手した情報に基づき、施工不良の現場写真等はもちろん、イラストも交えて、その改善策・防止策について、解説いたします。
 当日は、当会技術顧問・参与の芳賀昭彦(元 会計検査院第四局 農林水産検査第四課長)を講師に、前記の指摘事例の解説をはじめ、会計検査の仕組みや最近の指摘の傾向等について講義をさせていただきます。
 つきましてはこの機会に是非ご出席賜り、より効率的な公共事業に対する投資およびその適切な執行の一助とされますよう、ご案内申し上げます。

講習会の詳細を見る

日時

午前: 2020年2月18日(火)10:00~12:30

地区

東京

会場

飯田橋レインボービル 7階

午後: 2020年2月18日(火)13:30~16:30

 今般、公共事業に携わる皆様にご参集いただき「会計検査の指摘事例」についての理解を深めていただくことを目的に当講習会を企画いたしました。
 午前の部の「公共調達と会計検査」では公共調達(物件・役務、情報・通信、補助事業等)について、また午後の部の「公共工事と会計検査」では工事関係全般について、「平成30 年度決算検査報告書」に基づき実際に講師が現地に足を運び、その目、耳で入手した情報に基づき、施工不良の現場写真等はもちろん、イラストも交えて、その改善策・防止策について、解説いたします。
 当日は、当会技術顧問・参与の芳賀昭彦(元 会計検査院第四局 農林水産検査第四課長)を講師に、前記の指摘事例の解説をはじめ、会計検査の仕組みや最近の指摘の傾向等について講義をさせていただきます。
 つきましてはこの機会に是非ご出席賜り、より効率的な公共事業に対する投資およびその適切な執行の一助とされますよう、ご案内申し上げます。

講習会の詳細を見る

日時

2019年12月11日(水)10:00~16:30

地区

宇都宮

会場

栃木県建設産業会館 3F 大会議室

 本講習会では、平成31年度(令和元年度)の建築工事積算基準の改訂の概要や「改訂23 版工事歩掛要覧(建築・設備編)」を活用した工事費算出の手法、また建築工事をめぐる最近の動向等についてわかりやすく解説させていただきます。
 つきましては、この機会に『公共建築事業』に携わる皆様が多数参加され、建築工事積算全般についての理解を深められ、今後の業務にお役立て頂きますようご案内申し上げます。

講習会の詳細を見る

日時

2019年12月2日(月)9:30~16:30

地区

東京

会場

神奈川県建設会館 2F講堂

 本年度も12/2(月)に(一社)神奈川県建設業協会との共催により標記講習会を開催いたします。
詳細は別紙のとおりですが、本講習会では、適正な公共建築工事の積算をおこなうため、平成31年度(令和元年度)公共建築工事積算基準改訂の概要や、公共建築工事をめぐる最近の動向を詳細に解説させていただき、あわせて「改訂 23版 工事歩掛要覧<建築設備編>」を活用して積算実務の知識と技術の習得を目指します。
 公共建築工事に携わる皆様、現場はもとより、設計、積算業務はもちろん、営業に携わる方にも、有益な知識の習得になります。また、発注者の方には、違算の無い、適切な公共建築工事の積算をおこなうための一助になるものです。
 また、神奈川県、相模原市、および平塚市において「継続教育(CPD)実績」が総合評価方式における評価項目として採用されており、特に工事施工側の方で入札参加工事における配置予定技術者(建築施工管理技士)の方は、単位取得の機会として、建築分野における認定講習である本講習会のご参加をぜひ御検討ください。

講習会の詳細を見る

日時

1日目: 2019年11月21日(木)9:00~16:40

地区

千葉

会場

千葉県経営者会館7F 研修室

2日目: 2019年11月27日(水)9:00~16:40

 さて、この度、当会では(一社)千葉県建設業協会の後援のもと、昨年に引き続き、本年も標記講習会を開催することとなりました。
 すでに営繕工事の入札に参加さておられる各位には、御承知のことと存じますが、現在、千葉県県土整備部において、「総合評価方式の評価内容等の見直し」として、土木施工管理技士、技術士に係る工事に限っていた評価項目を、「継続教育(CPD)の取り組み状況」の拡大を目的に、建築施工管理技士、建築士に係る工事の場合にも適用されております。
 千葉市においても営繕工事を含む全ての工事で同制度を運用しております。
 本講習は、2日間の講習会を実施するため、計14単位の取得が可能となります。(詳細は別紙実施要領をご覧ください。)
 第一部では、「公共建築工事に係る契約変更」という主題で、(公共建築工事における)契約変更に関する国をはじめとする発注側の取り組みを中心に、設計変更の協議の元となる入札時積算数量書の活用から、設計変更(発注者との意思の疎通の取り方や手順等)および工事中止について具体的な事例をもとに解説致します。また、改修工事では、事前調査の必要性、甲乙協議の意義について、講師の豊富な経験を踏まえ、解説致します。最新のトピックでは、建設業の働き方改革(特に営繕工事における週休2日の推進)、営繕工事における木材利用の促進(CLT(直交集成材)の活用)についても紹介いたします。
 第二部では、「公共建築工事積算講習会」という主題で、改訂22版工事歩掛要覧<建築・設備編>をテキストに公共建築工事の積算講習会となります。工事受注者においても工事積算が「契約変更」や「適切な工期設定」に重要な要素となっております。本講習会では、積算基準の構成から公共建築工事費積算についてわかりやすく解説します。特に講師が実際に施工業者へのヒアリングを行った結果、積算時において難解かつ取り違いしやすい箇所である直接仮設、鉄骨工事、改修工事等について解説致します。また、サブテキストを使用し、積算演習を行うことで、積算実務にも対応した内容となっております。
 CPD対応はもちろん、公共建築工事に携わる皆様には、設計変更を円滑に進めるための手順およびノウハウ等、有益な技術・知識の習得の機会と存じますので、多数の方のご参加を心よりお待ち申し上げております。

講習会の詳細を見る